発表会の教科書

ピアノ発表会「挨拶」のやり方と「挨拶例文」まとめ(開演挨拶編)|ピアノ発表会「Q&A全集」

ピアノ発表会 挨拶

ピアノ発表会の「挨拶」はとても重要!

この記事を見ているあなたはきっと、これからピアノ発表会で挨拶を控えているピアノの先生やピアノ教室の経営者の方と思います。

ピアノ発表会の「挨拶」はとても重要となりますので、この記事でどんなことに気をつけて、生徒・保護者・お客様へ挨拶を届けたら良いか見ていきましょう。

pr「まだ脱力なんて言ってるの?」新しいピアノ奏法の提案

prなぜテクニックは必要なのか?

prリズムについて

pr暗譜について(確実な暗譜をするためにやっていること)



目次

・ピアノ発表会   挨拶の目的

・ピアノ発表会 挨拶のポイント

・ピアノ発表会 挨拶例文 まとめ

・ピアノ発表会 挨拶のやり方

ピアノ発表会:挨拶の目的

まず、「ピアノ発表会の挨拶の目的」について少し考えてみましょう。

Q:ピアノ発表会の挨拶の目的とは?

A:ピアノ発表会での「挨拶」の目的は、「ファンとより良いつながりを築く」ことです。

ピアノ教室&ピアノの先生のファンは、生徒と生徒の家族はもちろん、地域の方々や生徒のお友達まで及びます。

ピアノ発表会は(クローズドなレッスンとは違い)、日頃レッスンを行っていく上で、理解や応援して下さるファンの皆様とより良いつながりを築ける絶好の場なのです。

「ファンとより良いつながりを築く」という目的に着眼すると、気持ちの伝わる挨拶が思い浮かんできそうですね!

次は、「挨拶のポイント」を見ていきましょう。



ピアノ発表会:挨拶のポイント

Q:挨拶の目的「ファンとより良い繋がりを築く」ことを達成するにはどのようなポイントに注意していけば良いのでしょうか?

A:「感謝」・「PR」・「励まし」の3要素を簡潔にまとめ、笑顔で話しましょう!

ファン一人一人の顔を思い浮かべたら、色々な事が思い浮かぶと思いますが、あれもこれもしゃべってしまうと、とても長い挨拶となってしまいます。

挨拶のポイントは、「簡潔にわかりやすく」です。

長ったらしい挨拶ほど退屈なものはありません!

また、「感謝」・「PR」・「励まし」の3要素を取り入れることで、「ファンとのつながり」を築けます。

挨拶文を作るときのポイント

・感謝

・PR

・励まし

それでは、「感謝」・「PR」・「励まし」の3要素を1つずつ見ていきましょう。

「感謝」

いつもレッスンに通ってくれる生徒と保護者はじめ、ピアノ教室への理解とレッスンを応援してくださる地域の方々、発表会に来場してくださった方々、つまりピアノ教室のファンの皆さんへ感謝の意を表します。「ファンの皆さん一人一人があってこそのピアノ教室」という内容のメッセージを送れたら花マルです!

 

挨拶例文

本日は○○教室ピアノ発表会へご来場誠にありがとうございます。こうして無事に発表会を迎えられたのも、日頃から一生懸命レッスンに通ってくださる生徒の皆さん、そして温かく見守ってくださるご家族の皆様、ピアノの音が漏れても笑顔で応援してくださる地域の皆様、そして応援に来場してくださった皆様のおかげです。誠にありがとうございます。

いかがでしょうか?自分が客席にいると思って、例文のように言われたら、嫌な気持ちひとつしませんよね。

そこですかさず「PR」へと入ります。

「PR」

「PR」で大切なのは「ピアノ教室のストーリー」です。

「なぜ、ピアノ教室をやっているか」・「なぜ、レッスンを提供しているか」・「なぜ、ピアノの先生をしているのか」という根本的なお話=「理念」と、教室やレッスンの「近況」をお伝えしましょう。

挨拶例文

〇〇ピアノ教室では、生徒一人一人が自由に音楽を表現する喜びと、そのための高い能力を効率良く育むことを目指し、レッスンの中で生徒さん一人一人と真剣に向き合っております。自分では「少し厳しい先生かな〜」と思いますが、笑顔の絶えないレッスンがたくさんあるのは、皆が音楽とピアノが大好きな証拠なのでしょうね!誰を見ても楽しみながら上達しており、最近ではコンクールで実力を認められた生徒も出てきたりと、皆忙しい中しっかりと成長してくれています。私もまだまだ勉強中ですが、こうしてすくすくと育つ生徒に恵まれ、ピアノを指導する者としてとても幸せです。

「素敵なピアノ教室だなぁ!」「楽しそうなピアノ教室だなぁ!」「実力のつきそうなピアノ教室だなぁ!」と思っていただけたら大成功。

もちろん嘘はいけませんが、全ては発表会の中で証明されます。

「ピアノ発表会」は「ピアノ教室・ピアノの先生の成果発表の場」であるからです。

ただし、成果発表だからと真正面からぶつかって行くと、生徒にとってもプレッシャーとなってしまいますので危険です。

なので、生徒が失敗してもいい「言い訳」をあらかじめ公表しておきましょう。

それが、次の「励まし」となります。

「励まし」

ピアノ発表会の舞台の上に立つ生徒には、たくさんの「期待」と、それに伴う「プレッシャー」がかかっています。

練習では全く問題なかったのに、本番で大失敗!なんてことは、プロですら起こることです。

失敗を受け入れたくない心境は生徒本人はもちろん、ご家族やお友達も同様に持っています。

失敗を受け入れる余裕をファンの皆さんに思い出していただくためにも、あらかじめ「失敗は起こりうる」「それも味わいの醍醐味」「温かく見守ってほしい」ということを伝えてあげましょう。

そうすることで生徒は励まされ、お客様はリラックスして耳を傾けることができるようになります。

挨拶例文

今日まで皆一生懸命練習を積み重ねてくることができたのを誇りに思います。ピアノ以外の習い事や学校のお勉強や部活動なども忙しい中、何とかピアノに向かう時間を確保できるように、ご家族の皆様も協力してくださり感謝でいっぱいです。もちろん、「もう少し余裕があれば!」なんて誰もが思っているでしょうが、プロのピアニストでさえ、どれだけやっても同じ気持ちで舞台に上がっていきます。舞台の上で初めて出会う試練もたくさんありますが、それも舞台の味わいのうちです。出演者一人一人が貴重な経験を積める機会を温かく見守っていただけましたら嬉しいです。

これで、生徒は励まされ、「失敗してもいい」と誰もが(少しは)思えるようになります。

皆の心の準備が整ったところで、素敵な発表会が始まることができれば、ファンとの距離もぐっと縮まります!

この記事を参考に、素敵なご挨拶を考えてみてください。

また、あなたが作られたご挨拶を教えていただけたら嬉しいです。(この記事で発表させて頂けましたら尚更嬉しいです!是非、コメントなどでご連絡ください。)



ピアノ発表会 挨拶例文 まとめ

 本日は○○教室ピアノ発表会へご来場誠にありがとうございます。こうして無事に発表会を迎えられたのも、日頃から一生懸命レッスンに通ってくださる生徒の皆さん、そして温かく見守ってくださるご家族の皆様、ピアノの音が漏れても笑顔で応援してくださる地域の皆様、そして応援に来場してくださった皆様のおかげです。誠にありがとうございます。

〇〇ピアノ教室では、生徒一人一人が自由に音楽を表現する喜びと、そのための高い能力を効率良く育むことを目指し、レッスンの中で生徒さん一人一人と真剣に向き合っております。自分では「少し厳しい先生かな〜」と思いますが、笑顔の絶えないレッスンがたくさんあるのは、皆が音楽とピアノが大好きな証拠なのでしょうね!誰を見ても楽しみながら上達しており、最近ではコンクールで実力を認められた生徒も出てきたりと、皆忙しい中しっかりと成長してくれています。私もまだまだ勉強中ですが、こうしてすくすくと育つ生徒に恵まれ、ピアノを指導する者としてとても幸せです。

今日まで皆一生懸命練習を積み重ねてくることができたのを誇りに思います。ピアノ以外の習い事や学校のお勉強や部活動なども忙しい中、何とかピアノに向かう時間を確保できるように、ご家族の皆様も協力してくださり感謝でいっぱいです。もちろん、「もう少し余裕があれば!」なんて誰もが思っているでしょうが、プロのピアニストでさえ、どれだけやっても同じ気持ちで舞台に上がっていきます。舞台の上で初めて出会う試練もたくさんありますが、それも舞台の味わいのうちです。出演者一人一人が貴重な経験を積める機会を温かく見守っていただけましたら嬉しいです。

それでは、演奏をお楽しみください。



ピアノ発表会:挨拶のやり方

挨拶をする時は、自然体な笑顔を意識しましょう。

事前に何度か練習することが大切です。

練習の時、スマホで録画してみると改善点が見つかりますので、是非行ってください。

客席を満遍なく見渡しながら、聞き取りやすいテンポで、明るくお話することがポイントです。

マイクを使う場合は、マイクとの距離をリハーサルでしかりと確かめてください。

マイクのものすごく近くで話さないと声を拾えない場合も多々あります。

一度リハーサルで通してみて、マイクの使用に慣れておきましょう。

 

ピアノ発表会「挨拶」のやり方と「挨拶例文」まとめ(開演挨拶編)|ピアノ発表会「Q&A全集」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。