ピアニスト珠玉の語録集

ピアニスト珠玉の語録集|芸術家の名言や言葉を届けます

はじめに

この記事では、ピアニストはじめ芸術家の名言や珠玉の言葉をまとめております♪

ピアノへの情熱を奮い立たせたい時、練習で悩んだ時にじっくりと味わってください!

もくじ

レオポールト・ゴドウスキー

セルゲイ・ラフマニノフ

ハロルド・バウアー

ピアニスト珠玉の名言

「演奏会はピアニストにとって、単に曲芸的な技術や腕力を見せる機会ではなく、彼の心の誠実さの試練なのである。聴衆に訴える生命ある伝言を持っていなければ、その演奏全体は魂なく、意味なく、価値なきものになるであろう。」

ーレオポールト・ゴドウスキー

【出典】大ピアニストは語る

 

 

「新しい作品を学ぶ時、まずその作品全体の概念を捉えることが非常に大切である。作曲者の主要意図を理解しなければならない。むろん1小節ごとに学び、克服せねばならぬ技巧上の困難さもあるが、作品のイデーをより大きな調和の中に構成できなければ、その演奏は一種の継ぎ接ぎ細工に似てしまうのである。」

ーラフマニノフ

【出典】大ピアニストは語る

 

 

私にとっては指の各々が特徴ある動き方を、生まれつきに持っている方が、むしろよいことに思われるのである。芸術にとって評価されるものは特異性であって、類似性ではない。ではすべての指を生命のない機械のような普通のレベルに揃えて、各指の特色をわざわざ破壊するために考えられたような訓練の方法を用いる代わりに、なぜ各々の指の独特の傾向を発展させないのであろうか。」

-ハロルド・バウアー

【出典】大ピアニストは語る

 

 

「音楽の勉強には、幅の広さが非常に必要とされている。人間はより多く知り経験し、人間の知識のあらゆる部門の精神的観察力が広いほど、語ることが多いのである。音楽家にも大きな心と広い把握力と、明確な目的を持った人物が必要である。」

-ハロルド・バウアー

【出典】大ピアニストは語る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。