「ハノン」の教科書

「ハノン31番」おすすめの練習法と解説|動画付きWebピアノレッスン:ハノンNo.31

hanon-31

「ハノン」の教科書

効率よく楽しくピアノが上手くなる、ハノンの活用方法を解説!

♪この記事はこんな人にオススメです♪

  • 指が思うように動かない人
  • ハノンが嫌いな人
  • 綺麗な音を出したい人
  • 独学で頑張っている人
  • ピアノテクニック全般を見直したい人
  • レッスンで生徒にハノンを教えている先生



 

【練習にオススメの楽譜】

音楽之友社:標準版ピアノ楽譜 “Le Pianiste Virtuose ハノン・ピアノ教本”解説付New Edition

 

 

ピアニスト直伝!ハノンの練習方法

 

ハノン第31番の解説

おすすめ度  ★★☆☆☆

難易度レベル ★★☆☆☆

ハノン効果  全ての指の独立

第31番では、1-5の指の間を広げ、幅広い音形を弾く練習をしていきます。

トレモロの予備練習とも見えるこの曲は、肘の軌道がバランスの中心を担います。

各音程を弾く指と指の中間地点に、肘のバランスを持っていくと良いです。

肩甲骨・鎖骨から手のバランスを保ち、前腕の力を抜き、手首を柔らかく維持し、ゆっくりした動作で練習し、動きの感覚とコツをつかみましょう。

指は虫様筋を意識して、鍵盤の底を押し付けないように「つかむ」タッチを心がけましょう。

ハノン先生
ハノン先生
ピアノ演奏において、肘の位置・軌道はとてもじゅうようなのだっ!



ハノン第31番の練習方法

hanon-31hanon-31

模範演奏


第31番を練習する際も、ハノン先生が記した様々なパターンのリズム練習やアーティキュレーションのサンプルが記してある「第1部の練習法」を活用しましょう。

2、3〜11、13、14番の練習パターンが有効です。

次の音の準備をしっかり意識して、指と体のバランスのかまえを早めに行いましょう。

1の指は指の付け根から自発的に動かすこと忘れず、全ての指が肘からの回転運動に頼ることなく、鍵盤を「つかむ」動作を意識しましょう。

手を腕から鍵盤へ押し付けないように気をつけましょう。

また、過度な回数繰り返さないように、毎日少しずつ練習しましょう。

ハノン先生
ハノン先生
ピアノを弾くとき、必ず指先まで意識して演奏するのだぞっ!

身体の微妙な感覚までセンサーを研ぎ澄まし、無理のない練習を心がけてください。

このレッスンのまとめ
  • 肘の位置・軌道をしっかり見極める
  • 指は肘からの回転運動に頼り切ることなく常に「つかむ」動作で
  • 指先と肘のつながりをしっかりと意識する

ハノンWebレッスン一覧

オススメの関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。