「ツェルニー30番練習曲」の教科書

【動画付きピアノレッスン】ツェルニー30番 3番の練習方法と解説|「ツェルニー30番練習曲」の教科書

Czerny 30

【動画付きピアノレッスン】ツェルニー30番 3番の練習方法と解説

「ピアノ演奏テクニックの基礎」とも言われる「ツェルニー30番練習曲」を動画付きレッスンで一緒に学びましょう!

<レッスンの構成>

・この曲を学んで得られる効果&曲の解説

・演奏動画

・動画レッスン

・この曲で習得したい課題と練習方法

▶︎「ツェルニー30番練習曲の教科書」トップへ

この曲を学んで得られる効果&曲の解説

①親指の弾き方を学ぶ

②右手3-4,4-5の指の独立性向上

③スタッカートの弾き方入門

「ツェルニー30番」の第3番は、機敏なメロディーを奏でる右手と、軽やかなスタッカートの伴奏の組み合わせです。

右手は3-4-,4-5の指を多用するので良いトレーニングになります。

日常生活において3,4,5の指は保補助的な役目を果たす指であり、独立して動かすのが難しいのは当たり前です。

しかし、ピアノを弾く上では3,4,5の指はそれぞれ独立して動かせないと、音がもつれてしまい、美しい表現から遠ざかってしまいます。

ツェルニー先生は3,4,5の指の様々な練習パターンをこのエチュードに詰め込んでいますので、じっくりと練習してみましょう。

それでは、演奏動画を視聴してみましょう。



演奏動画

▶︎YouTubeチャンネルの登録はこちらから

動画レッスン

▶︎YouTubeチャンネルの登録はこちらから

 



この曲で習得したい課題と練習方法

「第3番の練習曲」の課題を一つずつ見ていきましょう。

課題1:親指の弾き方

ピアノ演奏テクニックにおいて最も難しく重要となるのが「親指」の弾き方です。

親指は日常生活で大活躍している指ですが、ピアノを弾く動きを日常生活で行うことはほとんどゼロに近いです。

親指で鍵盤を弾くことはある意味「不自然な動き」であり、昔は親指を使って鍵盤を弾くことはタブーとされていたほどでした。

しかし、親指ほどいろいろな動きができる指は他になく、親指を自由に使えるようになることがピアノ演奏の鍵でもあるのです。

親指の正しい動きを学び、時間をかけて慣れていくことがピアノ演奏の上達には欠かせませんので、このエチュードでしっかりと練習しましょう。

具体的には、親指で鍵盤を弾く時指を固めたまま手首から押し付ける動作をしてしまいがちですが、親指の付け根は手首付近にあり、付け根からしっかりと動かすことが大切です。

また、親指を独立して動かすためには、手のバランスを支えることが重要です。

手のバランスを支える時は、背骨を整え、椅子に安定して座り、肩甲骨・鎖骨から腕をコントロールする感覚が大切となります。

親指の練習方法としては、2-3-,3-4,4-5を同時に抑えたまま、手の平にアーチをしっかりと作って、親指を鍵盤に下ろす運動を繰り返し行いましょう。



課題2:右手3-4,4-5の指の独立性向上

3,4,5の指は独立して動かしにくい指ですが、しっかりと訓練していくことで独立して動くようになります。

指を1本1本「つまむ」感じでゆっくり練習してください。

また、例えば1小節目の「ソレド(143)」「ソドシ(132)」を「ソレドレド(14343)」「ソドシドシ(13232)」と、3,4,5の指が出てくる箇所を何度か繰り返す練習もしてみてください。

もちろん3,4,5の指の独立のためのトレーニングには年月が必要となってきますが、常に正しい動きの感覚を意識して動かしていることで、習得にかかる時間は大幅に縮められますので頑張りましょう。



課題3:スタッカートの弾き方入門

スタッカートは、ただ鍵盤を突っつけば良いものではありません。

指を固めずに、しっかりと「掴む」動作を入れましょう。

また、次の音までの無駄のない移動をし、前の音を弾いた瞬間には、次に弾く音の準備が開始されているように滞りのない動きで弾いていくことが大切です。

まずはレガートで(音を切らないで)練習し、手の移動する軌道を見つけてから、徐々にスタッカートのニュアンスに近づけていく事が上達の早道です。

その他ポイント

「ピアノに向かう時間がないから練習できない」とは思わないでください。

例えば、上記の親指の練習は机の上でも可能です。

いかに細切れの時間をうまく利用できるかで、ピアノ上達の速度は変わります。

ベトナム人の名ピアニストのダンタイソン(1980年 第10回ショパン国際ピアノコンクール優勝)は、ベトナム戦争の下、紙に鍵盤を書いて枕元でも防空壕の暗がりの中でも練習していたのは有名な話です。

忙しいけどピアノは上達したい方は、アイディアを振絞れば道は必ず拓けます。



 

ツェルニー30番練習曲の練習にオススメの楽譜

「ツェルニー30番練習曲」を学ぶ際には、音楽之友社から新しく出た楽譜を使用することをオススメします。

解説も詳しく、譜面も見やすく構成されており、価格も安く実用的な価値が非常に高いです。

 

標準版ピアノ楽譜 チェルニー30番 New Edition 解説付

 

▶︎「ツェルニー30番練習曲の教科書」トップへ

 

オススメの関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。