人生で一度は聴いておきたいCD

début NOBUYUKI TSUJII|辻井伸行【人生で一度は聴いておきたいオススメのCD】

want-to-listen-CD-list

今回ご紹介するのは、ピアニスト辻井伸行さんのデビューアルバム「début NOBUYUKI TSUJII」

プログラム

disc1

ショパン

1 子守唄

2 スケルツォ 第2番

3 英雄ポロネーズ

リスト

4 愛の夢 第3番

5 メフィスト・ワルツ 第1番

6 ハンガリー狂詩曲 第2番

ラヴェル

7 亡き王女のためのパヴァーヌ

8 水の戯れ

disc2

辻井伸行

1 ロックフェラーの天使の羽

2 川のささやき

3 花水木の咲く頃

4 セーヌ川のロンド

5 高尾山の風

管理人から一言

2007年1〜4月に収録されたアルバムです。

辻井伸行さんは1988年9月13日生まれなので、10代最後の年の録音です。

辻井伸行さんが一躍脚光を浴びたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝は2009年ですので、まだ多くの方に知られていない時期の演奏ですが、実はヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの前にも数々の輝かしい活躍をされています。

それまでの代表的な活躍に、東京交響楽団や読売日本交響楽団との共演、マエストロ佐渡裕との共演、アメリカ(カーネギーホール)・ロシア(モスクワ音楽院大ホール)・チェコ・台湾など海外での演奏、そして何より2005年のショパン国際ピアノコンクールでの「批評家賞」の受賞が挙げられます。

このCDでは、若き青年のひたむきに努力する姿勢、音楽へ対する愛と謙虚さ、そして辻井伸行さんの優しさと温かさが1音1音に滲み出している演奏が聴く人の心を包みます。

辻井伸行さんの大きな魅力の1つに「音の美しさ」が挙げられると思いますが、繊細な色彩感に満ちた音色に耳を傾けてみてください。

名曲が集うdisc1は言うまでもないですが、disc2の辻井伸行さんの自作自演も素晴らしいです。

 

【人生で一度は聴いておきたいオススメのCD 一覧へ戻る】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。