「ブルグミュラー」の教科書

【小さなつどい】「ブルグミュラー」の教科書|動画付きピアノレッスン

「ブルグミュラー25の練習曲」の教科書

【小さなつどい】「ブルグミュラー」の教科書|動画付きピアノレッスン

<レッスンの構成>

・この曲を学んで得られる効果

・演奏動画

・曲についての解説と演奏の手引き

・この曲で習得したい課題と練習法

▶︎「ブルグミュラーの教科書」トップへ



この曲を学んで得られる効果

①スタッカートの意味を知る

②3度と6度のパッセージの上達

③様々な運指法を知る

「小さなつどい」を弾く上で必要なのは

1:レガートとスタッカートのコントラスト

2:3度・6度の演奏法

3:多様な指遣い

の3つのテクニックです。

「スタッカート」とは「音を短く(約半分の長さに)して弾く」奏法ですが、作曲家は様々な表現への意図でスタッカートを用います。

「スタッカート」と聞いたら、「ピンッ」と単に短くはじくだけではありません。

時に「軽やかなスタッカート」であったり、「はっきりした音色のスタッカート」であったり、「重々しさの強調」であったりと、「スタッカート」を一括りにすることはできません。

それでは、「スタッカート」をどのように考えたら良いのでしょうか。

「スタッカート」とは、「表現の凝縮」と思ってください。

例えば「小さなつどい」冒頭2小節目、8分音符のパッセージにスタッカートがついていますが、このスタッカートがついていなかったらどんな風に弾きたいでしょうか?

スタッカートがついていなくても、音楽の流れより「軽やかさ」は感じると思います。

そして、スタッカートをつける時、その「軽やかさ」を16分音符分(8分音符の半分)へさらに凝縮した表現をします。

もし、スタッカートを外した時に「重々しく弾きたい」と感じたなら、スタッカートをつけた時、「重々しさの凝縮」をしなくてはなりません。

「スタッカート」とは、「ピンッ」と単に短くはじくだけのものではなく、「スタッカートがついた音符の質・意味を凝縮する」と覚えておきましょう。

「小さなつどい」では、レガートとスタッカートのコントラストも、それぞれのフレーズの意味合いをわかりやすく表現しています。

それでは、練習方法に入る前に演奏を聴いてみましょう。



演奏動画

▶︎YouTubeチャンネルの登録はこちらから

曲についての解説と演奏の手引き

「小さなつどい」という可愛らしいタイトルのついた作品。

子供たちが「みんな〜集まれー」、「さぁ、何して遊ぶ?」、「こんな遊びはどうかな?」、「それいいね!」、「えー、他の遊びがしたい!」、「じゃあ、何するの?」、「うーん、わかんない」、「えっと、これなんかどう?」、「いいね!楽しそう!」などとやりとりをしているかのような内容です。

それぞれのフレーズを大切に色々な表情をつけて弾いてみましょう。

 



この曲で習得したい課題と練習法

「小さなつどい」を演奏する上で大切になるのが「指遣い」=「運指法」です。

3度と6度のフレーズでできたメロディーをデコボコなく美しく演奏するのはなかなか難しいですが、まずは良い指遣いを見つけることが大切です。

3度の軽やかなスケールをスタッカートで演奏する時、「1-3」や「2-4」だけで続けて弾くことはよくあることです。

鍵盤の間隔を身体で覚えましょう。

また、6度のフレーズは、1の指を連続して弾かなくてはなりません。

例えば、13小節目の指遣いは「5-1」「4-1」「3-1」「5-1」「4-1」「3-1」と常に1の指を弾いています。

同じ指で滑らかに弾くことはとても難しいですが、打鍵後に鍵盤を無駄に押し付けることをせず、弾くと同時に次の音の準備にゆるやかに取り掛かりましょう。

5・4・3の指はもちろんレガートで弾けますので、1の指が少しくらい先に鍵盤から離れてもメロディーは滑らかに続くので、1の指の完全なレガートは求めなくて良いです。

3度や6度のパッセージを弾く時大切なのは、次の音を弾く準備を常に行いながら音を鳴らしていくことです。

そのためにも、演奏している自分の身体と感覚をよく観察し、無駄な動きは取り除いて行きましょう。



 

ブルグミュラーの練習にオススメの楽譜

ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー

 

 

 

「25の練習曲」レッスン一覧

▶︎「ブルグミュラーの教科書」トップへ

第1番「すなおな心」

第2番「アラベスク」

第3番「パストラル(牧歌)」

第4番「小さなつどい」

第5番「無邪気」

第6番「進歩」

第7番「清らかな小川」

第8番「優しく美しく」

第9番「狩(かり)」

第10番「やさしい花」

第11番「せきれい」

第12番「別れ」

第13番「コンソレーション(なぐさめ)」

第14番「シュタイヤー舞曲(アルプス地方の踊り)」

第15番「バラード」

第16番「ちょっとした悲しみ」

第17番「おしゃべりさん」

第18番「気がかり」

第19番「アヴェ・マリア」

第20番「タランテラ」

第21番「天使の合唱」

第22番「バルカロール(舟歌)」

第23番「再会」

第24番「つばめ」

第25番「乗馬」

 



 

▶︎「ブルグミュラーの教科書」トップへ

 

オススメの関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。