「ブルグミュラー」の教科書

【やさしい花】「ブルグミュラー」の教科書|動画付きピアノレッスン

「ブルグミュラー25の練習曲」の教科書

【やさしい花】「ブルグミュラー」の教科書|動画付きピアノレッスン

<レッスンの構成>

・この曲を学んで得られる効果

・演奏動画

・曲についての解説と演奏の手引き

・この曲で習得したい課題と練習法

▶︎「ブルグミュラーの教科書」トップへ



この曲を学んで得られる効果

①デリケートなタッチの習得

②洗練された拍子感

③高度なペダリング

「やさしい花」を弾く上で必要なのは

1:繊細なニュアンスを生み出すデリケートなタッチ

2:拍子感ある表現

3:浅いペダル

の3つの要素です。

これまでの曲と比べると、特に新しい要素は出てきませんので、一見簡単そうな曲に思えるでしょうが、シンプルな曲ほど演奏にごまかしはきかず、完成度の高さを求められます。

拍子感の中に繊細なニュアンスで紡がれるメロディーは決してデコボコすることなく、細かい美しい曲線美を奏でていきます。

所々で重なる左手の対旋律も、出しゃばることなく、しかし存在感あるバランスで弾きたいです。

そのためにも左右の手は常に安定したテクニックが求められます。

また、浅いペダルで全体の色彩感を増してあげることも、より演奏を引き立てます。

それでは、演奏を聴いてみましょう。



演奏動画

▶︎YouTubeチャンネルの登録はこちらから

曲についての解説と演奏の手引き

「やさしい花」というタイトルがついた美しい作品。

小さな花が風に揺られ、ほのかな香りを届けてくれるかのような雰囲気があります。

一貫したデリケートな表現が演奏者の腕の見せ所です。

安定した拍子感を保ちつつ、さり気なくも味わいのある表現を目指していきたいです。

音色にこだわったタッチ、細かいアーティキュレーション、対旋律の重ね方を色々工夫して弾きましょう。

 



この曲で習得したい課題と練習法

とにかく「拍子感」へこだわりましょう。

上昇するメロディーをどんどんクレッシェンドしてしまってはいけません。

直線的な表現は一切せず、常に音楽の「曲線美」を大切にしましょう。

細かなアーティキュレーションは、鍵盤から伝わる指先の感覚に集中し、自発的に鍵盤(ハンマー&ダンパー)をコントロールするようにしましょう。

ピアノ任せに音を出したり止めたりすると、演奏の質が楽器によって左右されてしまいます。

まずは、どんな音楽を奏でたいかしっかりとイメージし、それを叶えるテクニックを見つけていくことが大切です。



 

ブルグミュラーの練習にオススメの楽譜

ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー

 

 

「25の練習曲」レッスン一覧

▶︎「ブルグミュラーの教科書」トップへ

第1番「すなおな心」

第2番「アラベスク」

第3番「パストラル(牧歌)」

第4番「小さなつどい」

第5番「無邪気」

第6番「進歩」

第7番「清らかな小川」

第8番「優しく美しく」

第9番「狩(かり)」

第10番「やさしい花」

第11番「せきれい」

第12番「別れ」

第13番「コンソレーション(なぐさめ)」

第14番「シュタイヤー舞曲(アルプス地方の踊り)」

第15番「バラード」

第16番「ちょっとした悲しみ」

第17番「おしゃべりさん」

第18番「気がかり」

第19番「アヴェ・マリア」

第20番「タランテラ」

第21番「天使の合唱」

第22番「バルカロール(舟歌)」

第23番「再会」

第24番「つばめ」

第25番「乗馬」

 



 

 

▶︎「ブルグミュラーの教科書」トップへ

 

オススメの関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。